当たるチラシを買ってそのまま名前だけ変えてもうまくいかないんだけど

 

お客様からよく聞かれるのが、

 

いわゆる”当たるチラシ”のデータを買ってきて名前だけ変えて

 

チラシを作ったけどさっぱりうまくいかないと相談されることがあります。

 

なぜうまく行かないのでしょうか?

 

だいたいこのような↓問題なのです。

 

★一部分だけをマネしても同じ結果は得られ無いということです★

 

 

わかりやすく言うと、羽生結弦選手がプーさんが好きだからといって、

 

プーさん好きになればスケートがうまくなりますか?金メダルを取ることが

 

出来ますか?答えは否ですよね。

 

血の滲むような努力と小さなころからの練習がその結果を導いているの

 

ではないでしょうか。

 

当然1~10までうまく言っている会社と同じことは出来ないと思いますが、

 

下記の点を是非分析・比較してください。

 

 

 

1.ライバル他社との比較

 

あなたの会社のエリアにも、うまく行かれる会社にもライバルは当然存在します。

 

ライバルとの関係性をぜひ比較してください。チラシの枚数、頻度、今まで何回目か

 

反響率等を調べてみてください。

 

案外最初からものすごい問い合わせを得たりせず、試行錯誤しながら成功事例と言えるまで

 

持っていっています。回数もライバルに負けないように配布していませんか?このあたりは

 

ランチェスターの第2法則の局地戦の論理です。

 

比較して何が足りていないのか分析してください。

 

 

2.配布の仕方

 

配布の仕方を是非見直してください。戸建てを狙う場合、新聞折込ですと集合住宅にも入ります。

 

エリアの特徴を国勢調査等のデータからぜひ分析してください。かなり無駄撃ちしてませんか?

 

ポスティングなども入れ方のことがあります。集客コンシェルジュでは分析可能ですので、

 

知りたい方はご相談ください。

 

 

3.目標・計画の設定

 

集客がうまく行っている会社には共通していることがあります。それは予算を決めて、計画通り

 

集客の手を打っているということです。そして、何件問い合わせを得て、そのうち何件受注するか

 

決めています。

 

もし、紹介集客について相談したい。という場合には、

 

 

メールの件名に「販促相談希望」と書いて

 こちら↓からご連絡ください。

voice@tazmi.com