外壁塗装のチラシ その2 ~お客様に安心感を伝えよう~

こんにちは。地域1番クリエイトの中堂です。

ブログをお読みくださり誠にありがとうございます!

 

シリーズでお伝えしております、

外壁塗装のチラシを成功させる秘訣

  1. 届ける相手をイメージ
  2. お客様に安心感を伝えよう
  3. デザインと内容でアイキャッチを作ろう
  4. ライバル他社との差別化をしよう

をシリーズでお伝えしおります。今回は2回目お客様に安心感を伝えようです。

お客様に安心感を伝えよう

安心感を伝えるポイントは、

  1. 笑顔の写真もしくは似顔絵を掲載する
  2. 保証をつけること
  3. 社長メッセージやショールームもしくは事務所の外観、内観を掲載する

 

各項目詳しく説明していきましょう!

1.笑顔の写真もしくは似顔絵を掲載する

 

訪問販売系のチラシ等、

業種は違いますが廃品リサイクルのチラシが

ポスティングされていますが、大概その会社の方の写真はなく、

あったとしてもモデルやイメージ写真しかありません。

それを見た時どういった印象を感じられますか?

 

「胡散臭い会社じゃない?」

「電話した時、怖い人じゃないかな」

「写真を見られたら困る人かな」等

悪い印象を持っても、良い印象を持つことはありません。

 

外壁塗装のチラシで安心感を伝えるためには、

社長さんや社員の笑顔の写真は掲載してください。

もっと良いのが、お客様と社員が一緒に施工完了したご自宅の前で写っている

笑顔の写真を掲載するのがとてもいいです。

これにより、お客様と良好な関係を築いていること、

お客様に満足を与えている会社だという事を伝えることができます。

2.保証をつけること

 

会社のイメージがよくなっても、実際に施工した後の

フォローというのは大変気になります。

外壁塗装のチラシには必ず

保証があると記載してください。

「10年の工事保証」だけではなく、「定期点検」があると

言う風にこちらから確認しに行きますという姿勢を見せることが

非常に重要です。その訪問時に別のリフォームを受注する

という狙いも当然あります。

 

リフォームの瑕疵担保保険なんかも、

保証とは少し違いますが効果があります

 

「ご不満工事がある場合は全額返金をお約束します」

というもっと自社の覚悟を表現する言葉なので

お客様の心にささりそこまでゆうなら話を

聞いて見ようかと思ってもらうことが出来ます。

3.社長メッセージやショールームもしくは事務所の外観、内観を掲載する

 

社長メッセージとは

“がんばりまっせ”、”元気一番”

といったようなぼんやりとしたものではなく

しっかりとお客様に伝えていことを明確にします。

 

具体例を書きますと

 

1.塗装事業を始めたきっかけ

  元々ゼネコンの下請けで仕事していたがコストを下げるため

  お客様のためにならない施工をしていて我慢ができなくなった等

 

2.自社は信頼できる会社だから任せてほしい

  地元密着で営業している(悪い評判が立たないように仕事してくれる)

  会社のポリシー、経営理念を伝える

 

3.社員教育の充実

  職人さんに対して、怖いというイメージを持たれているお客様は

  一定数いらっしゃいます。ですのでしっかりと教育しているという

  ことをメッセージとして伝えると良いです。

  

 

会社情報やショールームや事務所の写真を載せることで

「近くの信頼できる塗装会社に頼みたい」、訪問販売のどこから来るのか

わからないような会社ではなく、ちゃんと地域に根ざしている会社と、

アピールすることは大切です。

実存している会社なんだと言うことを伝えることが重要です。

 

 

 

以上のポイントを意識して外壁塗装チラシを作成することによって、

安心感を持っていただくことが出来、問合せをいただき、現調、見積もり

受注へとつながっていきます。

 

次回は

デザインと内容でアイキャッチを作ろうをお伝えします。

お楽しみに!! 

 

地域1番クリエイトのチラシ集客過去の実績

 

 

集客に関するお問合せは

 

voice@tazmi.com

 

までお願いします。

  

今なら、チラシの無料診断実施中 

御社のチラシをお送りいただければ無料で診断致します。