外壁塗装のチラシ その3 ~デザインと内容でアイキャッチを作ろう~

こんにちは。地域1番クリエイトの中堂です。

ブログをお読みくださり誠にありがとうございます!

 

シリーズでお伝えしております、

外壁塗装のチラシを成功させる秘訣

  1. 届ける相手をイメージ
  2. お客様に安心感を伝えよう
  3. デザインと内容でアイキャッチを作ろう
  4. ライバル他社との差別化をしよう

をシリーズでお伝えしおります。

今回は3回目「デザインと内容でアイキャッチを作ろう」です。

デザインと内容でアイキャッチを作ろう

ポイントは、

 

ぱっと見た時にインパクトがあって、自分に関係がある内容だと思わすこと

 

です。詳しく説明していきます。

チラシをポスティングや新聞折込を行うと、

他のチラシと混ざっているので

単独でポスティングを行わない限り

複数のチラシと一緒に

受け取られることがほとんどです。

 

そんな中、チラシをパラパラと見て、

自分にとって必要なものかどうか

判断する時間は2~3秒と言われています。

 

パチンコ、スーパー、車のディーラーなど

色んなチラシをパラパラと見る中で

じっくり見てもらうために必要なことがあります。

 

それは、

「ぱっと見た時に見ている方に自分に関係があると思わすこと」

「見逃されないようにインパクトをもたせること」

「見て欲しい人に見やすいデザインであること」

この点を注意して作成すると、

パラパラ見ている中で、手が止まりじっくり見ていただけるようになります。

結果チラシの反響率が変わって行きます。

「ぱっと見た時に見ている方に自分に関係があると思わすこと」

そのためにはタイトルは非常に重要です。

チラシの左上に大きく記載すると反響が良くなります。

 

外壁塗装専門店を売りにするなら「外壁塗装専門店」

今の時期暑いので遮熱を売りにするなら

「塗替えで○○℃温度が下がる」等を目立つように

記載します。

 

何屋さんなのか、どんなお客様にの困りごとを解決できるのか?

何が得意な会社なのかをはっきりさせることがポイントです。

これがぱっと見て分からない時点で、

日々忙しいお客様の手から離れゴミ箱に入っていきます。

「見逃されないようにインパクトをもたせること」

 先程書いたことと関連するのですが、

「外壁塗装店」とかの店名

「塗替えで○○℃温度が下がる」等の売り

 

見逃されないようにインパクトがあるように

目立たせるようにしてください。

 

目立たせるためには、タイトルの近くに

  1. 社長の写真や似顔絵。または集合写真等の人の顔を出すこと
  2. イメージキャラクターを配置する
  3. 具体的な数字を書く。50%OFF等

をのせてお客様の目をタイトル部分に引きつける工夫をしてください。

「見て欲しい人に見やすいデザインであること」

定年前の方のリフォームを取りたい場合、

見にくいような文字になっていると、

見逃される確率も上がります。

 

文字の大きさもそうですが、

フォントの種類にも気を使ってください。

高齢者の方が見やすいのは

教科書体と言われる

フォントが読みやすいです。

 

色合いも大事です。

これも誰に届けたいかでデザインも変わります。

 

一度作られたチラシをチェックしてください。

今なら、チラシの無料診断実施中

御社のチラシをお送りいただければ無料で診断致します。

 

voice@tazmi.com までご連絡ください。

 

次回は

4.ライバル他社との差別化をしようをお伝えします。

お楽しみに!! 

 

地域1番クリエイトのチラシ集客過去の実績

 

 

集客に関するお問合せは

 

voice@tazmi.com

 

までお願いします。